三十六詩仙

tohohakkyoi丈山がこの堂に掲げるべき三十六詩人とその詩を選定したのは、寛永十八年、五十九歳の時であった。

これは、わが国の三十六歌仙にならったもので、その選定には林羅山の意見も求め、左右十八人、それぞれの組み合わせに意味を持たせた。

蘇武と陶潜、韓愈と柳宗元など七対は羅山の改定したところである。

しかし、羅山が蘇武に対して王安石をあげようとしたのに対し、丈山は王安石の人物を好まず、
羅山また、人物でなく、詩を重んぜよとして両者の間に論を戦わすこと数回、ついに王安石は省かれるなど、選定にはかなりの苦心がなされた。


詩人の座像は、すべて狩野探幽の筆になり、詩は丈山得意の隷書体で書いたものである。

shisen-no-ma

別に「詩仙図蔵並序」一巻があり、隷書は丈山の自筆である。
丈山自撰の「詩仙図像並序」中に次の記事がある。

丈山寛永十八年の春、適々此地に来りて茆を切りて宇を葺きて終焉の謀を為せり矣。
是に於て中華の詩に工なる物三十六人を撰び、左は蘇卿に首めて陳去非に尾へ、
右は陶令に首めて曽吉父に尾ふ。
諸を方版に図して警絶を其上に題し、壁間に排列して扁して詩仙堂となづく。
事は其記中見えたり ・・・・・・・ (以下略)

陳与儀陳与儀
黄庭堅黄庭堅
欧陽修欧陽修
梅堯臣梅堯臣
林 逋林 逋
寒 山寒 山
杜 牧杜 牧
李 賀李 賀
劉禹錫劉禹錫
韓 愈韓 愈
韋応物韋応物
儲光義儲光義
高 適高 適
王 維王 維
李 白李 白
杜審言杜審言
謝霊運謝霊運
蘇 武蘇 武

ページの先頭へ

陶 潜陶 潜
鮑 昭鮑 昭
陳子昴陳子昴
杜 甫杜 甫
孟浩然孟浩然
岑 参岑 参
王昌齢王昌齢
劉長卿劉長卿
柳宗元柳宗元
白居易白居易
盧 同盧 同
李商隠李商隠
霊 徹霊 徹
邵 雍邵 雍
蘇舜欽蘇舜欽
蘇 軾蘇 軾
陳師道陳師道
曽 幾曽 幾

ページの先頭へ

詩仙堂について

詩仙堂凹凸窠、その後の詩仙堂 など歴史について

詳細へLinkIcon

石川丈山について

石川丈山丈山の家系、幼時から一乗寺村隠棲と晩年まで

詳細へLinkIcon

御本尊

御本尊詩仙堂丈山寺の御本尊である馬郎婦観音

詳細へLinkIcon

三十六詩仙

三十六詩仙詩仙堂とよばれる様になった三十六詩仙とは

詳細へLinkIcon

書物

書物詩仙堂記、凹凸窠十二景、など書物を紹介

詳細へLinkIcon

展示物

展示物詩仙堂遺宝など展示物についての紹介

詳細へLinkIcon

年表

年表詩仙堂に関係する時系列の年表

詳細へLinkIcon