詩仙堂

その由来は・・・

正しくは「凹凸窠(穴編に果)」(おうとつか)であり、
「凹凸窠(穴編に果)」とは、でこぼこした土地に建てた住居という意味です。
この「凹凸窠」の中心には、中国の漢晋唐宋の詩家三十六人の肖像を狩野探幽に描かせ、頭上にそれら各詩人の詩を丈山自ら書いて四方の壁に掲げた”詩仙の間”を中心としているところから「詩仙堂」とよばれています。



(c)Shisendo

ページの先頭へ

凹凸窠(おうとつか)

凹凸窠十境

いま、詩仙堂とよばれているのは、正しくは凹凸窠であり、詩仙堂はその一室である。凹凸窠とは、でこぼこした土地に建てた住居というほどの意である。丈山はここに十境を見たてた。

まず、詩仙堂の入り口に立つと「史蹟詩仙堂」の碑があり、山茶花の樹影下に小さな門がある。

これが    小有洞(しょうゆうどう)    であり、扁額に「小有洞」の文字がある。

門を入ると十数段の石段をのぼる。両側の竹林のために、昼なおほのぐらく、わずかに光がもれる。
石段をのぼりつめると、やや開け、石を敷いた小道に出る。その突きあたりに、左に登る石段が見える。

この石段を登り詰めたところに    老梅関    があり、「梅関」の扁額が揚げられてある。
ここに老梅数珠があったので、かく名付けられた。

老梅関の右手には    凹凸窠門    がある。
老梅関を入ると、玄関がある。

これを    蜂腰(蜂要とも書く)    という。この玄関はやや低く、丈山が蜂のように腰をかがめて出入りしたので、かくよんだ。
その右脇の雲形の窓は、趣向をこらしたものである。

玄関より座敷半山林出ると、前方に庭が開ける。この座敷の奥には丈山の遺品が飾られ、鴨居には僧都予が掲げられている。

この座敷の脇に    詩仙堂    がある。

壁には獅子が子を谷に落とす図のある扇形の壁間窓があり、その上方に、中国の詩人三十六人の画像および詩の額が四周に掲げられている。

雅致ある廊下づたいに、隣の部屋へ行くと、ここは    猟芸巣(至楽巣)    という読書室である。
興至れば堂上の楼に上り、月に向かって朗吟する。

これを    嘯月楼    という。

至楽巣の脇に    膏肓泉    がある。
膏肓とは、薬も効かぬ所という意で、深い井戸のことである。

井戸の脇に    躍淵軒    がある。
これは、侍童の間で、侍童が将来淵に躍る鯉のようになるようとの意で、嘯月楼からすぐ北側下に見える。

嘯月楼から庭を見渡すのは、この境地を別の角度から鑑賞するものとして、趣のあるものである。

stone path

roubaikan

ryougeisou

shogetsurou

至楽巣の前より庭に下り立ってみると、まず、すぐ左手に    洗蒙瀑    がある。
蒙昧を洗い去る滝の意で、東山より引いた清冽な水が石を打つ。この水は、紅葉を浮かべて下方の庭に流れる。

これを    流葉はく(さんずいに陌)    という。
はく(さんずいに陌)とは、泊で、水の浅い意である。付近の坂の小道脇の苅込も美しい。

ここに百花を配したので    百花塢    という。
塢とはどての意である。

その下かげに    僧都    がある。
僧都はまた添水の時を当てる。古今集にある「山田の僧都」というごとく、農夫が猪や雀をおどすために考えたもので、この地が山麓にあるので、鹿や猪が庭を荒らすのを防ぐために設けられたものである。

近時、庭の一隅に茶室を設けた。茶室から庭を通して前方の小山を見るのも。雅致のあるものである。庭と小山との境には、小川が流れている。小川の向うの小山に散り敷く落葉を分で散策するのも、また楽しいものである。

詩仙堂の庭は、丈山好みの唐様庭園として、当時の代表的な名園である。

丈山は作庭にもすぐれた手腕を持ち、桂離宮、枳穀邸(渉成園)の補修には、丈山の手が加わっているといわれる。

この庭は、後世修理が加わり、必ずしも昔のままではない。それにしても、庭の樹木の美しさと、岩を打つ滝の音、そうして僧都の叩くのどかな響きは、よく調和してこの山荘の閑寂を更に幽ならしめている。

丈山はこの他、燕所(安息所)をはい(草冠に過)軸軒、寝室を白室、書棚を剔蚋(紙虫をえぐる意)などと名付けている。

tessen

sozu

camellia wabisuke

ページの先頭へ

その後の詩仙堂

祭祀

五月十二日~二十三日 創立三百五十周年記念事業として

一、武原はん 舞の会(於京都会館)
二、晋山結制式

を厳修する。

詩仙堂に関する詩歌文章

「祭石丈山文」 
昌平黌教官柴野栗山 寛永九年
(「詩仙堂志」に序文をよせている) 
「詩仙堂雅志」 
(恩頼堂文庫蔵)
「詩仙堂志」
藤原成烈

詩仙堂の管理

丈山歿後、遺言によって丈山の高弟平岩仙佳(忘筌斎、煎茶第二世)がつぎ、それ以後は、丈山の遺言の旨に従い、「人品を見立、作法然る可き者」へと受け継がれた。
その後、昭和三年三月には、史蹟名勝天然記念物保存法により史蹟に指定される

ページの先頭へ

詩仙堂について

詩仙堂凹凸窠、その後の詩仙堂 など歴史について

詳細へLinkIcon

石川丈山について

石川丈山丈山の家系、幼時から一乗寺村隠棲と晩年まで

詳細へLinkIcon

御本尊

御本尊詩仙堂丈山寺の御本尊である馬郎婦観音

詳細へLinkIcon

三十六詩仙

三十六詩仙詩仙堂とよばれる様になった三十六詩仙とは

詳細へLinkIcon

書物

書物詩仙堂記、凹凸窠十二景、など書物を紹介

詳細へLinkIcon

展示物

展示物詩仙堂遺宝など展示物についての紹介

詳細へLinkIcon

年表

年表詩仙堂に関係する時系列の年表

詳細へLinkIcon